スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆デパス王子

.27 2010 雑文 comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
                    depas.jpg


かつてデパス王子と呼ばれていた人物がいた。
彼は目の前に並べたデパス0.5mg錠20シートを見て、ふと

「こんだけまとめて食ったら何か世にも楽しいことが起こるんじゃなかろうか」

と思い、日差しの厳しい昼のさなか実験を行なった。なお、調査の結果、この実験は、デパス王子が住んでいるとされる奈良県内では、初の試みであったことが報告されている(帝国データバンク調べ)。
彼がその後、どのように時空を旅したのか知らんが、再度気を取り戻したのは、深夜も深夜。真っ暗で、そこがどこで、どっちが北でどっちが南なのか、ま~ったく分からん高速道路の高架下で、爆走する車両の音がゴトゴト響いていた。ただならぬ雰囲気と、寒さに目覚めた彼は、歩道と植え込みの間の溝にはさまっており、

「兄ちゃん!兄ちゃん!大丈夫か!?」

と呼びかけながら揺らして起こしてくれたのは「リアカー系段ボール族」のこじきのおっさんで、彼は思わず

「ああ、すんません、知らん間に寝てましたわあ」

などと意味不明な返事をしてしまったという。
時間を見ると実に深夜4時。とりあえずどこに向かったらよいのか分からないので、助けてくれたダンボールのおっさんの後をこっそり着いていった。
そうすると地下鉄の駅が。

「八尾南」

どえらいところで何時になにしとんねん。彼は思った。



この実験から得られた結果は、

「マイナートランキライザーをODしても特に楽しいことは起こらない」

であった。



この話はごく一部の人達の間で伝説になっているという…。
おろしい話です。
※なお、この話は文字通り、「完全な実話である」。「実話に基づいている」、とかそんなんじゃなく。















しかし、あんときはあせったわー。
こじきのおっさんに本気で心配されるワタクシ。




関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://organ1920.blog47.fc2.com/tb.php/93-003ea3cd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。