スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆流行周回遅れ再チャレンジ

.28 2010 雑文 comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
業務連絡、業務連絡。

えー、ツイッターなるものがキテる、と聞いたのは数ヵ月前のこと。
やってみました。

分からんやった。

何をどうすればいいのかわからんし、知らん間に文末に「なう」と付ける輩が大勢出てきて、もうおっちゃん楽しくない!状態でホーチしていた。
それが先日、友達、確かツイッター始めたの同じ頃の人から連絡があり、「なにツイッターさぼっとんねん」と指導されました。
その友人はツイッターの面白さを理解しているようだったので、おもろいんかほなまたやってみよか、となり現在に至るのです。

Googleさんで「ツイッター 楽しみ方」を検索してもらい調べました。
まずフォローしてる人が一定以上おらんとおもろない、とあったのでフォローフリーですというユーザー一覧が掲載されているページからざっと500 人ほどフォローしたろ、と思いどんどんフォローしていくもめんどくさくて50人でやめ。
あとは彼らの呟きを見て楽しむが良い、とインターネットに書いてあった。
しかしこれじゃあ以前やってみて、よく分からんかった状況と一緒だ。
で、僕は考えた。
初期設定、あるいは途中から僕をフォローしてくれてる人はこちらも全員フォローしよう、と。
コミュニケーションとは相互の意思疏通である。
その数を足して先ほどのフォローしている、が50人。
そうすっと互いの呟きに対してRTだかQTとかよく分からんのだが、いわゆる「レス」が加えられる。

これや、とおもた自分は。ツイッターユーザーを揶揄して「誰かと繋がってないと不安になる症候群」的なことをおっしゃる方がいたが、かまうかい。レスつくと嬉しい。またつかなくてもテキトーに呟きを投稿するのもその意味のなさゆえにまさにテキトー感満載でよろしい。

きっと僕はツイッターにおいてはドラクエでいうレベルが2に上がったくらいの状態なのだろう。
また、テキトーに呟いてると、ちょくちょく知らん人がフォローしましたってお知らせが来る。
きっとフォローされてる数が多くなるとまた楽しいんだろうな。知らんけど。

あと、ただ「飯なう」とか「高島屋なう」みたいのより、短文ながらオモロイことをゆった方が多分いいのであろうことにも気づいた。

さて、自分のミクシイの日記はほとんど誰も読まない過疎日記に成り果てているのですが、見てしまった人にアピってみます。

ワタシ、ツイッターではatsushi1920を名乗っています。
是非フォローしあいましょうず。
って前にも書いたなコレ。



業務連絡おわり
関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://organ1920.blog47.fc2.com/tb.php/73-40233df0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。