スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆おっさんみたいなことを書きます

.19 2009 雑文 comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
最近よくTVなどで、どこの大学の何者かわからん研究者風が「最近、日本語の乱れが目立つ」なんてゆうてるのをよくみる。あ、ごめん。うそ。よくは見ません。でもそういうの何回か見た聞いた。
それは「ちょべりば」「MK5」などといった低脳語、一過性の新語のことを指すのではなしに、言葉の使い方が本来と変わってきた、あるいは違う言葉に変化してきた、ってことを指すんだね。
ほなお前、例をあげんかい、と言われそうなんだけど、よりによって、えーっと、なんだったかなあ、みたいな~、そんな感じで思い出せないっす。無理!てか俺の物忘れパねえから。

とふざけてみたけど、言葉は生き物なので、時代によって変化していっても別に構わんのよね。例えばさ、「全然」ってあるでしょ。あれってもともと、「全然~~ない」という否定する文章の枕だったでしょ。でも今や「全然OK」「全然大丈夫」とか聞いてもなーんにも違和感ありませぬ。口語では結構昔から使われてたけど、文章中にあっても違和感なし。
他、もうちょっとレベルあげると、「好きではない」が「好きくない」とか。「違うことない?」を「ちげーくなくなくない?」とか。
あと、ひそかに上に書いたけど、「半端なくすごい」が「ハンパない」、んで「パねえ」。

「あいつってまじパねぇからマジ。ちょー凄くなくなくない?」

なんて。

あーどーでもいい日記だなあ。
あ、豆だけど「新しい」も実は本来の言葉が変化したものなんだって(誰でも知ってるか・・・)。要は「あらた」の形容詞として「あらたしい」が元々の言葉なんだってさ。

ぷっぷくぷー。
関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://organ1920.blog47.fc2.com/tb.php/52-ffb95453
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。