スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆僕の妄想混濁高校青春時代

.09 2009 雑文 comment(1) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
当時。自分は音楽、それもバンドをやりてぇなー、やりてぇなー、とやたらめったに叫んでいた。高校生のときの事である。「バンドをやる」ってことについては特別な才能は要らない。人数と楽器があればよろし。集まりゃええのだ。楽器も何でも良い。フライパン、青竹踏み、中山式快癒器、バーゴン、ギター、マンドリン、マブチモーター。なんでもいい。そんで楽器を持ち寄り、じゃあ何の曲やんの?という段になって「ほな一先ず共通して好きなバンドのコピーでもしまひょか」なんてことになり、バンドという組織は動き始める。
ところで、当人に音楽・バンドを始めた動機を尋ねたとして「もちろん音楽が好きだからだよ」などと高校生が言った場合、その99%は虚偽で、じっくり尋問してみなさい。椅子に縛り付けて。爪を一枚ずつ剥いで……。「ぼちぼちケツ割らんかいっ!」「あの……。バンドやってると、モ、モテるかと思って……」うむ。正直でよろしい。
では自分はというと、中学の時は拙いながらも好きなフレーズなんかを自室でぺけぺけ弾いとった。自己満足である。ところが高校に入ると、中学のときより懐具合もよくなり、皆バイトして楽器を買った。我々のバンドは、ボーカル、ギター、ギター、ドラム、ギター、ギター、ギター、ギター、オリロー1号、ボーカル、ベース、リードギター、ギター、タンバリン、猪の木彫り、カルカン、旧約聖書、やかん、ギター、ギターという21人編成で、いざバンドという体制が整うと「運動も学業もさっぱりの自分に取って、バンドマンであることは唯一残されたモテる条件だ」と天恵を受けたかのようになり、あとは「モテたい一心」であった。しかも我が母校では年に一度、文化祭なるものが開催され、日頃から「モテたい一心」で活動している訳だから、大講堂や体育館や湯を抜いた地下大浴場などのステージの出場枠を命がけ争った。出場者全員が、関係者に賄賂も渡した。どさくさに紛れて聖教新聞の2カ月購読を取った者もいた。
そんな熾烈なオーディションを勝ちき抜いたバンドが、それがアナウンスされる度、沸騰して喜びを表現する。ワオ!
楽屋でテレビを見ながらオーディションの順番を待っていた俺は、手元にあった缶コーヒーをぐびっと飲んだ。ぐはっ、げほげほ。なんと飲みさしの缶コーヒーの中に吸い殻が入っていたのだ。「おい、誰だよ俺のコーヒーに吸い殻入れたの」犯人は第6ギターの桝谷阿多雄であった。「ごめーんごめーん」などと言いつつ、にやにやしながら楽屋に入り込んできた後輩の女子とあや取りをしている。呆れた。怒る気も失せた。俺の横では第1ギターの瓦屋曽根喜と第4ギターの図津石弥太郎が住宅のチラシの間取りを見て、あーでもない、こーでもないと延々議論を交わしていた。
それにしても遅い。オーディションはあと何組あるんだ? と思ったそのとき、文化祭実行委員の窓芽味佳枝、顎が極端にしゃくれているので通称シャクレがあわてて楽屋に入ってきて、「生徒指導部より、軽音楽のステージ演奏は禁止との通達がきた」。
分かっている。生徒指導部長の玉野楢雄、禿げを側頭部から伸ばした髪でごまかせてないが、まあ許せよ的なバーコード式髪型から、通称バーコ。あいつの仕業だ。増幅機を使ったバンドの演奏を親の仇のように嫌っているのだ。理由はうるさいから。あほか。
我々はシャクレの制止を振り切り、オーディション会場である第3塵芥収集室に入った。バーコの達しが素早かったのか、室内には演者も審査員もいない。どゆこと?と思いながら、開き直って、シャクレに「おい、全員欠席で俺ら不戦優勝だよな。な」と詰め寄ったところ「それでいいと思います」と人間に似すぎてて逆にキモいロボットみたいな口調で。
よし、これで既成事実を作った。後は本番、県下一の大きさを誇る縦360m×横880mの大講堂のステージで暴れるのみ。いひひ。とはいってもおそらくバーコと、生徒指導副部長の臼田摩利雄が妨害工作に来るだろう。特に俺が気になるのは臼田の方だ。
あの出来事があったから、必ずあいつは俺に復讐にくるはずなのである。
関連記事
スポンサーサイト

しょうこ
バンド・・・と言うより楽団?

猪の木彫り、カルカン、旧約聖書・・・そんな楽器があるかぃ?
もう腹かかえて大笑いしちゃったよ
この話には続編があるんでしょ?期待してまーすv-22
2009.07.10 09:00

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://organ1920.blog47.fc2.com/tb.php/37-f57b8c82
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。