スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

優柔不断術

.21 2009 雑文 comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
髪の毛が伸びてきていよいよ散髪にいかねばならんくなった。
困ったことに、自分は散髪屋にいくのが極端に嫌いなのである。
ずーっと前の日記にも書いたが、拘束椅子に座らされ、てるてる坊主みたいなかぶりものを着せられるという屈辱的な扱いをされた上、「どんなアタマにしたいのか」と尋問される。
知らん。
なんてゆったらええのか毎回毎回悩む。
ある時期セリフを決めて毎回おんなじようにオーダーしてたのだが、自分の行ってる散髪屋は自分専属というものがなく、毎回違う人に髪を刈られる。
だからなのか、おんなじようにオーダーしても毎回違った髪形になってしまうのだった。
で、今回。
はっきり言って髪の毛のことで悩み、貴重な時間、たとえばアフリカの飢餓問題や日本にあらたに起こりつつある格差の問題、狂牛病問題、押尾学問題などを考える時間が侵食されるのは嫌だ。
なので、もうこうなったらやけじゃあ、と丸刈りにした。
一枚刈り、髪の毛の長さ2mmというエクストリームなやつである。
それからは非常に快適だ。
シャンプーやらリンスやらコンデショナーなんかとは無縁の生活。ドライヤー不要。寝癖心配なし。どや。
しかし、もともととっつあん坊やと言われ続けてきた自分は、我ながら鏡でその姿をみると、けったいな生き物にしか見えない。
今日は友人2人に「どうしたん??大丈夫??」となぜか心配されてしまった。
バンドのメンバーに至っては両手を合わせ「南無阿弥陀仏」なんて念仏をとなえる。
でもいいんです。優柔不断から開放されてなんだか自由の身になった気分だから。あっはっはっは。
関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://organ1920.blog47.fc2.com/tb.php/22-113d36f4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。