スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

残像に口紅を

.21 2009 雑文 comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
なんだかさあ、TVとかで運動選手のコメントとかやるじゃないですか。
そんでそのとき「モチベーションがどうたらこうたら」とかいうじゃないですか。
「モチベーション」って何?うまいの?

って、まあやる気をかき立てる精神的な高揚感みたいなもんですかね。
なんだかあやふやなのは嫌なので、調べてみた。
まずは広辞苑。
・モチベーション 動機を与えること。動機づけ。誘因。
では我らが新明解。
・モチベーション→当該欄なし
さすが新明解。潔い。
では英和辞典ではどうか。
・motivation 動機付け、意欲、動機

ははあ。モチベーションを使わんかったら。
あなたは今シーズン開幕に向けて動機付け、誘因はどないなっておりますか? とか、あなたのその卓逸したプレーを維持するためにはどのよう点に誘因をお持ちでんのかの? ←(関西弁に意味はなし)
など、まあ便利っちゃあ便利かもね。モチベーション。うんモチベーション。俺は今、オシッコをしたいというモチベーションが極みに達しているので便所へ行ってまいります。
しばしお待ちを。

再開

当の本人らは、はっきりした意味は知らなくても、おそらく各人の頭の中にあるぼんやりとしたイメージが一致していると推測され、多分ワシの思い描いているモチベーションってのはこやつのモチベーションと完全一致してなくとも大まかに一致しているに違いない!てな具合。まあこの場合、やる気、行動の動機なんてのでしょうが。

こうして人の言葉の解釈できる範囲が広まると、それはすなわち生きた日本語となって、日本国民なら誰もが知っている言葉になる。と、極論すればそうなる。極論ね。TVもあることだし。

例えば「ありえねぇー」なんて。辞書に載るような正確な日本語とちゃいますよね。
ほか、TVとは違うけど「○○でよろしかったでしょうか」「1000円からお預かりします」などなど、日本語は割りと混迷期にきているような。

でも、まあ使い勝手がいいから変化するのは僕としては全然問題ない。
ただ、間違った日本語を話す人がいるのは気になる。
例えば、
「雰囲気」
を、
「ふいんき」
って言う人。雰で囲で気でしょう。「ふん」で「い」で「き」でしょうが!正真正銘の「ふんいき」じゃあないのですか!ですかっ!

こんな風にあげ足取っておりますが、数年前までワタクシ、
「がんじがらめ」
を、
「がんがらじめ」
と勝手に思ってました。
「がんがらじめ」の方が迫力あるかなあと思って。

<しばし小休止>
しっかし思ったことがまったくうまく書けませぬ。
未完にしよかな。
関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://organ1920.blog47.fc2.com/tb.php/21-98a5946d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。