スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆レコーディングはつらいよ

.23 2010 BlogPet 今日のお題 comment(1) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加



BlogPet 今日のテーマ 十五夜お月さん
「月の模様、あなたにはどう見えますか?」




自慢できる話ではないが私は一つの職業に留まっていることができない。
なので転職に転職を繰り返してきて、様々な職種についた。その中で特に異質というか社会的に痴れ者扱いされる職についていたことがある。
それは職業音楽家。
って書くとなんのこっちゃわからんね。自分でも一瞬分からんかった。
ええっとバンドでね、事務所と契約・・・・・・はしたっけかな。まあ、して、そんでレコード会社とも事務所経由で契約して音楽活動をして報酬を得る、というけったいな職業である。
けれど世の中には印税というものがあって、CDを作ってそれが爆発的に売れたら1億円とかもらえる場合もあり、夢のジャンボ宝くじ的な職業ではある。

職業音楽家は通常レコード会社から「こいつらのCD作ったらその権利はワシらのもん」という意味の「原盤権」を得るための契約金がまず事務所に支払われ、それを分割で事務所から給料をいただくというケースが多い。
あと、給料制じゃないのもあったなあ。なんだっけかな。
自分ら(バンドだったので複数形)は一応給料は出たけどそれは実に月3万円という非社会的な金額であった。
でも家賃とか日ごろのいるものあれこれを買うとき、たいてい領収書で落とせたのでなんとなく楽に生活していた。ファミレスで皆で飯食って領収書の裏書に「打ち合わせ」とかもはや893とも言えるが。

たいていデビューしたての新人なんてこんなもんである。
そこからどうビッグサクセスを得るかというと、それは先に書いた印税なのである。
印税は売り上げのうち契約で決められた割合の金額が著作権者に支払われる。
その契約内容にもよるが、100万枚とか売れたら一瞬にして成金なのである。

そのためには何をせんといかんか。
CDを作らないといけない。

なので曲を作って演奏し、それを録音するんだけれどもその録音作業、レコーディングっつーのがくせもので、これがなかなかに大変なのだった。

まんず、曲作らんといかんでしょ。で、どんな音にするか、どんなアレンジにするかを考える。
しかし考えるだけではだめで、それを再現するための音作り、録音環境をスタジオに入って整えないといかん。セッティングっちゅうやつやね。

そんでこれでいいわ、と宣言したらいよいよ録音開始である。
録音する機械にはトラックというものがあって、バンドのメンバーがいっせいのーで、で演奏しなくても、まず一つめのトラックにドラムとベースを入れて、二つ目のトラックには一つめのトラックを聴きながら弾いたギターを入れる。ということができる。
これのメリットといえば、いっせいのーで方式の場合、曲を順調に演奏していて、いよいよラストってときにボーカルの声がひっくり返って撮り直し。でテイク2で演奏が順調でいよいよ曲が終わるーってときにベースの奴がマイクにむかってハーックションとかやってまたもや没。
そういうのを繰り返していくうちにメンバー間に亀裂が入ってやがて解散。とまでは言わないが、なんせノーミスを求められる。

しかし複数のトラックが使えるということは途中で失敗した人だけが録り直せばよい。
またプロ仕様の録音機材、ミキサー卓っちゅうねんけど、あれそうじゃないか。まあいいや。その卓は何十個もトラックがあり、またデジタルソフトの場合理論的には無限にトラックを増やせる。なのでどんどん音が追加できる。ギター一人しかいないバンドなのにCDでは同時に7つギターが鳴っている、とか可能なのだ。
オーケストラいれたりもできるね。

レコーディングの説明が面倒くさくなってきたので割愛するけど、求める音を再現するためにマイクの位置をいろいろ試したり、失敗したらやり直したり、途中でアイデアが浮かんで音を追加したり、かなり進んだところで誰かが「いや、これはちがうっしょ」なんて言い出して議論になったり、とにかく時間がかかるんだっちゃ!

結局、初日、午前中から始めたとしても終わるのが次の日の朝6時。とかそんなので、そんで次は昼過ぎからまた翌日の朝まで。
そんでそんで、レコーディングスタジオというのは大抵がばっと二週間なら二週間で借りるから、その間外界との接触がないのである。

下世話な話だがワタシも男。
性関係の欲求の蓄積も大きな問題だ。

記念すべき初レコーディングは東京の新宿にあって、スタジオ内の通路の窓から隣のビルがみえた。ちょうど真横がジムかなんかで、プールがあるところがなぜか屋根なしで、その揺れる水面がチラチラと輝いてみえた。なんせ毎日夜だかんね。

印象深いのはそこに映る揺れるお月さまだ。
反射なので模様こそ見えなかったけれど。


ほんとはそこで泳ぐ女の人をエロ含有率100%の目線で見てたんだけどね。








関連記事
スポンサーサイト

Shouko
お久です。ずっと体調不良でネットやってませんでした。
過去のも ゆっくり 後から見せてもらいます(〃▽〃)


Shouko(my_hurt)でした。(覚えてる?w)
2010.09.23 19:01

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://organ1920.blog47.fc2.com/tb.php/209-972c1fbd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。