スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆清水健太郎(2年ぶり6回目)

.19 2010 BlogPet comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
※しばらくブログを放置していたらBlog Petが勝手に記事書いて更新しててワロタw



BlogPet 今日のテーマ 今日は「俳句の日」
「今の気持ちを五・七・五でどうぞ!」




北海道大樹(たいき)町の日高山系で東京理科大ワンダーフォーゲル部の4人が沢に流され3人が死亡した事故。
登山計画に問題はなかったもが、ビバークした場所がまずかったという専門家の声が報道で流れている。
「増水や鉄砲水の怖さは把握していた」とのことであるが昨今の異常気象による豪雨でその想定を上まった事態に巻き込まれての惨事、ということか。

最近、若い女性の間で山登りがちょっとしたブームになっていると聞いた。
ファッション業界から「森ガール」なる言葉が生まれたが彼女らは「山ガール」と呼ばれるらしい。

「山ガール」ってなんだか怖いんだが……。

ところで、今回の事故、「ワンダーフォーゲル部(ワンゲル)」の方が巻き込まれた。
登山をするというなら「山岳部」というものもある。
この二つはどう違うのか。

調べてみた。

■山岳部=岩登りや冬山を含めた山岳全般を行う(冬山や岩登りなども含む)
■ワンゲル=縦走などロープなどの特殊な装備を使わない登山を主に行う

確か自分の通っていた大学にも両方あったがまあ山岳部のほうが「本物志向を標榜している」といったところか。
そういえばどこかで山岳部からしたら

「ワンゲルはただのハイキング」と揶揄するような書き込みをネットで見た記憶がある。

実際のところ両者に優劣を付けて区別することはできない。活動内容が同じ山登りでも違うから。
なのに「ハイキング」とはちょっとひどい言われようだな、と。



ちなみに「ハイキング」は、俳句を読むこと、俳句ingではない。


ではここで一句。



「助かった 力也はもはや ボコれない」(詠み人知らず)



※俳優の清水健太郎がまたしても薬物で逮捕された。じつに2年ぶり6回目(1回はひき逃げ-道路交通法違反)の逮捕。もはや強豪である。
逮捕の度に梅宮辰夫に「もう一生刑務所に入ってろ!」となじられ、
安岡力也にさんざんボコられてもまたやってしまった。
しかし安岡力也は2006年にギラン・バレー症候群に罹患し、長期に渡る療養生活を送りなんとか回復したものの、2004年に清水健太郎が覚醒剤で逮捕された際、「あいつまたやったのかよ。俺は前回(逮捕)の後にボコボコに締めてやったんだよ。今回という今回は許さねえ」と息巻いていたほどの勢いはもはやない。


ってなんの記事だよこれ
テスト





関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://organ1920.blog47.fc2.com/tb.php/197-e1f9a029
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。