スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆冷えた一杯が美味しい?

.04 2010 BlogPet comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加


BlogPet 今日のテーマ 冷えた一杯が美味しい!
「ビアガーデンに行ったことはありますか?」




あれはなんでだろう、と常々思っていることがある。
それは会社組織において、上司が「今日仕事あと何かある?飲みにいこか」という誘い。

ここで「いや、いいっす」「なんで?」「別に飲みたい気分ではないので」なんていうやりとりがゆとり世代の人との間で行われているらしいが、自分はそうではない。

先程の話に条件を付けたそう。


・そもそも上司というのはあまり部下に好かれる存在ではない(一般論として)
・「今日仕事あと何かある?飲みにいこか」これはいわゆる”のみにケーション”の誘いである
・現実問題として今回の話は「別に一緒に飲みに行きたくない上司。なんなら”好きではない”上司から」の誘いの話である


短い時間でもつきあわなきゃな、といつも自分は思い「え、お誘いいただけるんですか?用事ないんでよろしくお願いします」と終業後どこかへ買い物にでも行こうと予定していても返事している。

なんだかんだで断ったらいろいろややこしいのだ。

さて、仕事が終わって呑み屋へ。
最初の一杯は生ビール。旨い。
そこから上司が発するのは
「なんでも好きなもの頼めよ」

「はい、ありがとうございます」と一応答えるが別に食いたくない。はよ家帰りたい。

上司も酒を飲むうち上機嫌になる。ここからがヤバい。
「たまにはお前とも飲んで無礼講で話合わないとなあ」
ウソこけ。無礼講なんかでいったら今後ずっとそれ引っ張るくせに。
さらに「仕事のなんたるか」を聞かされる。
悪くない話なのだが酔っ払ってすでに酩酊してるもんだから何度も同じことを言い、要領を得ない。
そして彼はなぜかどんどん食い物を注文するくせに全然食わないのである。
もったいない。
なお、この間、自分から”楽しい話題”を振ることはない。
この飲みは「会話」は実は厳禁なのだ。
あくまで「やさしい上司がたまには部下にご馳走してやってありがたいお話を聞かせてやる」というおそらく彼も気づいていない図式が明らかに成立しているのだった。

さてラストオーダーのお知らせ。
「もうOKです。あ、生2つだけお願いします」と上司。
やっと開放される。
しかしテーブルの上は上司が頼んだのに手を付けてない料理が大量に。
「おい、全部食え」

おおおおおおおおおおおおおい!!!!!!
俺が食うのかよ!!!!!!!

と驚いたふりをしてみたが、毎回のことなので分かっていた。
だから飲んでばっかりでほとんど何も食ってなかったのだ。
で、がっつくようにたいらげる。
「うまかったか?」
「はい。ありがとうございます。いつもごちそうになってすみません」

俺は奴隷か……


果たしてこの上司はちょっと特別だと思うんだが(他の会社にいた頃はこんなのいなかったぞ)、彼はこれで”のみにケーション”成功と思っているんだろうか??



そういや会社飲みでビアガーデンって行かない。社長や上司としても社員つれて飲み放題食べ放題ってのはあんまり、みたいな意識が働いているのかな。
個人的にもほとんど行かない。なぜだろ。暑いしね。ビールはうまいけど食い物があんまり、という問題もある。




関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://organ1920.blog47.fc2.com/tb.php/192-641a6a9e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。