スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ああ~~、男の人って~~いくつも~愛を持っているのね~~【mixi日記より転載】

.22 2010 雑文 comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
       

ラムのラブソング
作詞:伊藤アキラ/作曲:小林泉美/編曲:小林泉美/ 歌:松谷祐子
あんまりそわそわしないで あなたは いつでもキョロキョロ よそ見をするのはやめてよ 私が誰よりいちばん 好きよ...... 好きよ...... 好きよ...... 星達が輝く夜ふけ 夢見るの あなたの全て 愛しても あなたは知らんぷりで 今ごろは 誰かに夢中 ああ 男の人って いくつも愛を持っているのね ああ あちこちにばらまいて 私を悩ませるわ あんまりソワソワしないで あなたはいつでもキョロキョロ よそ見をするのはやめてよ 私が誰よりいちばん ああ 男の人って 何人 好きな人がほしいの  ああ 私だけ愛してよ いつでもひとりだけを あんまりソワソワしないで あなたはいつでもキョロキョロ よそ見をするのはやめてよ 私が誰よりいちばん 私がいつでもいちばん あなたの全てが 好きよ...... 好きよ...... 好きよ...... いちばん好きよ!
(テキスト: http://www.zyntag.com/tags/video/2XkhhAP02tA/ より引用)

と、アニメソングの中でも珠玉の名曲の動画と歌詞を貼り付けたが、なんのことかというと、近頃の私のmixi日記。
まあこれは自戒の念を込めて書くのだが、はっきり言って手抜きである。
昔は自分でせっせせっせと文章を書き、ぷはー、できた。うpしよ。なんて家庭内手工業的にそれこそちまちまやっては、うは、日記増えてきた。おもろ。などどほくそ笑んでいたのである。
それに比して最近の日記はどうだ。
youtubeを閲覧していて、「おお、これはおもろい」とか思ったら即「Share」のボタンをクリックし、mixiにぶっこむ。
先日は「googleで『タケコプター』と検索すると……」というちょっと古いネタを聞いてさっそく検索したところなんともMADな動画(ドラえもんの登場人物がポリゴンで登場。なぜかどつきあい、しばきあいでとにかく大出血サービスそのもので、血がとびまくるというラジカルな作品)が現れ、じぶんはまた、わはは、おもろ。などといって「Share」をポチ。mixiに投稿。
それは3つほど前の日記のことなのだが、それを見た私のマイミクの方から

「あ、ドラえもんだ!と思って子どもと一緒に見てしまって大後悔。PTSDになりました。慰謝料、損害賠償を1000億円請求します」

というコメントをいただいて、ああすいません。
放り込みっぱなしで、「※グロ注意」の一文すら添えなかった。
死んできます。

と、まあこれは一例で、実際のところほんと自分のmixi日記の手抜きには目に余るものがある。
しかし、言い訳をするわけではないが言い訳をすると、最近、自分はインターネットというものに開眼。いろいろ調べると、楽しそうなWebサービスがたくさんあることがわかり、挑戦しまっくっている。

まず、本サイト、mixi。
少し前から割と更新頻度があがっている自分のブログ(FC2)。
なぜかついでに始めたはてなダイアリーのブログ。
そしてアメリカの学生の人たちが発祥のSNS、「Facebook」。
マイミクの方からのすすめではじめたGREE(現在放置中)。
そんで、あまりにも楽チンでおもしろいからPCでもケータイでもやっているtwitter。
なんでもかんでも放り込んで、自分のスクラップのようなブログ?をつくるtumblr。

他にもいくつかあるけれど、おもろいおもろいといってアカウントを取って始めてしまうとえらい数になっていることに気付き、どれもが手抜きという事態に陥ってしまった。
男の人はいくつも愛を持っているのだ。

対処法として、いくつかを選定し、それ以外を開店休業状態にすればいいんだけれど、これらのWebサービスを利用しているうちに私に新しいというか、今回の日記のテーマからすると手抜きをする傾向が見られる自分にとって良くない、しかし便利なことを体験する機会がうんと増えた。

なにか。

まず、tumblrであるが、これはテキストでも動画でもリンクでも、とにかくなんでも放り込んでブログを構築することができる。そして、その素材は自分で作るだけでなく、「Follow」という機能でもって、気に入った他のユーザーを登録すると、そのスクラップの材料に、フォローした人の素材が一緒に出てくる。
で、それは眺めているだけではなく、「Reblog」といって、それをいただいて自分のブログに持っていけるのだ。そんなことしたら持っていかれた人は怒るのではないか、と心配したが、いや、その人もだれかのものをリブログしてる、っていう寸法。
そして、リブログされた記事にはトレーサビリティじゃないけれど、出典が一応表示されていて、これは(誰それのから)(誰それのから)(誰それのから)(誰それのから)…・・・、とリブログされてきた経緯が表示されている。
これはずっこいのではないか。と当初自分はおもた。
しかしこれは「おもしろいものをShareする」という概念のブログであって「俺のものは俺のもの」一点張りの人には向かない。
楽しみ方としては、基本、自分での投稿があって、加えて自分の趣味嗜好にあったおもしろいブログから素材をリブログする。
それを繰り返すことで「僕ぁあね、こんなことを面白い、と思う価値観を持っているんだ。どうぞ見て行ってください。なんならリブログしてってね❤」というスタイルになる。
自分はたんぶらはまだあんまりやっていないが参考にURLを貼っておきます。
( http://organ1920.tumblr.com/)

こうしてどんどん手抜きの手法を学んでしまっている僕なんだけど、ズルするためにその手法を闇組織から高額で買い取ったわけでもなんでもなく、それらのWebサービスがどんどん「Share」させようとすんだよこれが。

例えば上のtumblrは記事のpostがそのままtwitterやFacebookなどのpostと同期させることができる。

だからどんどん手抜きになる。

あとちょっと話はそれるがFacebookは昨年秋ごろに日本版をこしらえて上陸したアメリカ発のSNSで、なんでも向こうでは「本名も明かさないヤツの意見やカキコミなんて意味がない。クソだ。ファック!!」というテーマのもと、基本、本名。すべてオープンでやり取りをするSNSであるが、日本では2ちゃんねるなども含め、このmixiでも「ネットは匿名」という概念が成立しているため普及は難しいのではないか、と言われている。つーかmixiやGREEがこんだけシェア持ってる中、「はぁ?フェースブック?なにそれ?」となるのは当然と見る人もいる。

で、Facebookに関しては、アカウントを取って、「ぼっち」状態で一人でちまちま記事をうpするのみでした。ハイ。
ところが最近になって、幾人からか「友達申請」が来てさっそく申請許可、「よろしくお願いします」などとメッセージも添えたのだが、相手の方は在米らしく、記事は全部英語。その人の友達リストも全部アメリカ人。
どないせえっちゅうねん。ヤンキーゴーホーム。
とかなんとかやってると、最近学生時代の友人や、先輩などから申請が来て、おお、と思ったがなんとなく放置している。

こんな風だから、本来一番気合を入れたいところの自分のブログ
「とまらないからとめて」(http://organ1920.blog47.fc2.com/)
も、記事の流用だらけでつまんない。
まあ、これ用に書いてそれを他に拡散させているのだが、そんなことをしていてふと思った、つーか前にも思って書いた。

「俺、どんだけ自分アピりたいねんっ!!」

いや、アピりたいわけじゃあなくてですね、様々なWebサービスを楽しんでいると、そこにはShareの文化が現れてきていてですね、やむを得ず、ってか流れに乗せられて、つーか長いものには巻かれろ的な……。

そんな訳で、せっかく久しぶりに書いた文章は意味不明のままおしまいです。
関連記事
スポンサーサイト

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://organ1920.blog47.fc2.com/tb.php/169-3484656a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。