スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ぼかぁHootSuiteをこんな感じでつこてる①

.21 2010 Twitter comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
twitterも本格的日本上陸後4年程が経とうとしています。
自分は天邪鬼でなかなかアカウントすらとらんやった。
へへん。何がツイッターや、とか言って。
しかし「これはやっとかないとなんかマズそうだな」と思ったときアカウントを取ってやり始めた。

ところが何が面白いのかさっぱりわからない。
とうぜん公式Webを利用していた。あの引用するRTはなんだ?あの#の記号はなんだ?なんでおんなじ事を一日二回つぶやいちゃいかんの?

と疑問だらけでちくとも面白くなかった。
だけど面白いという噂はますます広がっていく。
なのでgoogle先生にツイッターの楽しみ方を教えてもらい従った。

今思えば当然なのだが、まずフォローせんとね。TLがさみしいよ。
あわよくばりフォローされたり。

まあこの辺のノウハウ、どんなのがいいかは個人によって違うだろうから割愛。

さて。

今僕はフォロー、フォロアー共に300人くらいなのだが、このままなにもせずにいると、TLがごちゃごちゃになってくる。
そこで便利なのがリストへの分類。

なかよしグループ
NEWS
bot
有名人
などなど

こうして準備しておけば今後フォローが増えても整理してTLが見られる。

ところで、HOME、リスト、リプライ(Mentions)、sent Tweet ダイレクトメッセージ、とそのカラムが平行にならんでいるクライアンとで有名なものはTweetDeckである。
PC版ではデスクトップアプリのため自分は少し利用を躊躇するところがある。

というのは、つぶやきの中のリンクを踏んだらいちいちブラウザが立ち上がる。
これはめんどくさい。

なのでよく使っていたが、WebクライアントのHootSuiteを最近使っている。


HootSuiteの評判はすこぶるよい。
例えば以下のように

■プロフェッショナル仕様のソーシャル・メディア・ダッシュボード!
・twitterやFacebookなど複数のソーシャルネットに対応
・タブでの管理ができる
・カラムのカスタマイズが可能
・カラムの内容をWebに貼付けることができる
・RSSフィードを読み込める
・時間指定自動ツイート可能
・写真・ファイル・URLの自動短縮
 ect...............

とまあ、公式な使用は公式ページにまかそう→http://jp.hootsuite.com/home

長くなりました。ここからが本題。
そのHootSuiteを僕がどのように使っているか。
上記の公式サイトとか見ずにやってるからめちゃくちゃかもしれない。
でも紹介します。

■まずダッシュボード(左側と右側)※クリックして拡大
        WS000001_20100621084256.jpg

twitterのアカウントが3つあるのは、本垢と別垢(開店休業中)、それとmixiボイスと同期させてるやつ。
以前非公式のツールでtwitterとmixiボイスを連動させたらボイスの人から、おいお前投稿数多いねん殺すぞ。と怒られたので専用のアカウントを取り、本垢いがいにボイスにも流したかったらそれからもツイートしている。

さて、HootSuiteで僕が気に入っている仕様を。
まず、ユーザーの名前をクリックすると……。
WS000007_20100621085056.jpg

こんな画面がポップアップします。

     WS000008.jpg

このポップアップ画面でフォロー、アンフォロー、DM送信、リプライ、リストに追加、過去のつぶやき閲覧などができます。

続いてハッシュタグをクリックしてみます。
         WS000009.jpg

#2010wc で検索に引っかかった一覧がポップアップします

WS000010.jpg

ここで右下の「Save As Column」をクリックすると……。

      WS000011.jpg

このハッシュタグのカラムができました!新しいツイートがあれば更新されます。ちょっとしたコミュニティを見ているかのよう。※クリックして拡大

              WS000012.jpg

ところで、ダッシュボードの右端に「Search」ってのがあります。
            WS000002_20100621091037.jpg

ここに「犬」とでも入れてみましょう。
            WS000003_20100621091037.jpg

そしてEnterキーを押すと……。
     WS000004_20100621091036.jpg

「犬」のつぶやき検索一覧がでましたので、続いて下の「Save As Column」をポチ。
     WS000005_20100621091036.jpg

「Search/犬Column」ができた!※クリックして拡大
              
              WS000006_20100621091036.jpg

このSeachも追跡タイプなので更新して「犬」というつぶやきがあればひっかかるという寸法。

まあ実際にはあんまりハッシュタグでカラム作ったりSeachでカラム作ることはほとんどないんだけど、面白いので紹介しました。
きっと僕はHootSuiteの機能の10分の1程しか使いこなせてないと思います。
ですのでこの記事はHootSuiteの使い方、といった毛色のものではなく、「俺はこんなふうに使ってるのよ」という誰に向けて発信してるのか分からない内容です。

くれぐれも正しいマニュアルは上記の公式サイトをご覧になってください。
http://jp.hootsuite.com/home

結局、知りたきゃあ公式サイトを見ろ!というオチで。








スポンサーサイト

◆twitterの自分のアイコンにアップロードできるGIFアニメコレクション①

.09 2010 Twitter comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
twitterの公式サイトからGIFアニメのファイルをアップロードしようとしたら全然できない。対応してる、って書いてるのにである。

私は怒り狂った。
ちょっとおしっこも漏れたかも知れなかった。

いける、ゆうてんのに、いけへん。
こらぁなんぞ。

ほなどないけえゆうねん。

というわけで、アップロードの仕方をgoogle先生に聞いてみたところ、一応方法はあるがなんだか面倒な作業が必要のようであった。
しかしワイも男。

お~~と~~こだったぁら~~~、という歌をその部分だけ歌いながら、「ほなやったろうじゃんか」と思い、やった。

むちゃくそ手間がかかった。

そんでいくつかは実際につこてみた。
やっぱり動くアイコンは楽しい。

以下はアップロードできるようにちょいと加工したGIFアニメの数々でありんす。
大量につくりすぎてこれでやっと5分の1ほどである、ってどんだけ命かけてるねん。

そんだけ作業をしたせいでGIFアニメの作り方が理解できた。
いくつか作ってみたがまだ使ってない。

というか加工したやつの数が膨大すぎて一生使わないやつがほとんどであると思われる(キリッ


とりとり


だんす


ジャンピング首長犬


カラテダンス


走る


ロボ


ミク


ブーーン


ピヨ


ハムスター


歩く文字人間


歩く顔


壁ぬこ


謎の犬連発


電波


poodles.gif


pinklady1.gif


pattern.gif


packet.gif


minimal_my_ass.gif


お酒大好き


spiralsphere.gif


rdizdsenw9oqsw7mbfsbs7h8_400.gif


rainy_20100609150100.gif


erotik.gif


elvis_irons.gif


doppler2.gif


diamant.gif


crash.gif


catss.gif


lolloop.gif


headswap.gif


glove.gif


felixthink.gif


今回は①ということにした。
めんどくさくなったから途中でやめたのである(キリッ

また続きの記事かきます。

それとどうやってアップロードできるように加工したか、という記事も書くつもりですが、各自調査でもいいでじゃないか。

◆猫カフェに行ってきた

.06 2010 comment(1) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
何度か聞いたことがあって、行ってみたいな。どんなとこだろう。なんて思っていた「猫カフェ」なる店。

大阪はミナミにあるとの情報をtwitterのTLから入手。店の名前を教えてもらい、検索。

ホームページから住所を確認。

店の名前は「猫Cafe ぐるぐる堂」。


ぐるぐる堂

http://www.nekocafegurugurudou.com/

ホームページを発見したのにも関わらず、サービス内容を調べてこなかったのでとりあえず店まで行って聞いてみることにした。

めざす住所へケータイのグーグルマップを頼りに直行。
発見した!

猫カフェ発見 600

店は雑居ビルの4階。
メニューボードみたなのに「1時間1050円/1Drink付」とあった。

さっそく店内。
前払いで料金を支払い、ドリンクをオーダー。
店は20畳ほどのフローリングのワンルーム。
適当な位置にいくつか人間用のソファやクッションがあり、あとは猫が登って遊ぶ組み立て式のジャングルジムみたいなものがある。

僕が入店したときは店内にお客さんが12~3人ほど。

そして猫が10匹いる!(全部1歳だそう!)


さて、ここまで店内の様子は画像なしで説明してきた。なぜか。
猫の写真を撮ることばかり考えて、店内の全景の撮影など全く頭になかったのである。


というわけで以下文章なしで猫の写真画像のみです。


写っているカバンは僕のです。我が家の猫もこのカバンが好きで(中に入るとかそういう猫特有の習性ではなく)、発見してはその上にのっかって居眠りをしている。この記事を書いているまさに今もそうしている。

この法則が猫カフェでもあてはまることに驚いた私。
何があるんだこのカバンには・・・・・・。
しかも、ここの猫たちはどんどんカバンの中に入っていくのでした。



ぬこ1横600


ぬこ2 600


ぬこ3 600


ぬこ4 600


ぬこ5 600


ぬこ6 600


ぬこ7 600


ぬこ8 600


ぬこ9 600


ぬこ10 600


ぬこ11 600


ぬこ12 600


ぬこ13 600


ぬこ14 600


ぬこ15 600



写真を撮りながらドリンクを飲み、猫と遊んでいるうちにあっという間に1時間が過ぎてしまったのでした。



おしまい。





 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。