スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆かほり

.31 2009 雑文 comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
オヤジ臭と呼ばれるものがある。
加齢臭のことだ。
成人、中年以降の男性に多く、皮脂腺にこびりついた脂が酸化して匂いを発するらしい。
この際ゆうときますけどね。僕、加齢臭嫌いなんですわ。
仕方ないから抗議することもなく我慢してるけど。
んでですね、人間の生理に基づくもんだから我慢して加齢臭を吸っていると、一口に加齢臭といっても、いくつかのタイプがあることが判明した。
以下に列挙してみます。

▽濃厚メロン風加齢臭……一番典型的なもの。なんだか甘くて苦い

▽とんがったミント風加齢臭……整髪料かなんかかと思ったけれどそうではなく加齢臭でした。鼻の粘膜を刺激します

▽ビター系加齢臭……これは汗と加齢臭のコラボ。苦味はおそらく脂性で、ワキガの持ち主であることが多い

▽おじいちゃん系加齢臭……人生末期の香。まさにおじいちゃんの匂い。あまり主張が激しくない。

と、まあこんな感じなんですが、今日、新たな加齢臭に直面しました。
それは多分メロン系でありながら「ガ」の苦味の要素が加わったものであろうと推測され、「ガ」の苦味は鉛筆の芯の匂いというか、炭の匂いに近い。
どんな匂いだったか、命名したいと思います。

▽焼き鳥風加齢臭……夏だけに出現すると思われる。ナチュラルな加齢臭に汗ばむ体から出た匂いが混ざり、それは前述の「ガ」の匂いの一要素なんだけれども、甘みと苦味、この場合、苦味は焼いて炭になった匂いを連想させる。

僕はもう30半ばであるが、多分加齢臭はまだ出ていないと思われる。
それは周りの人に「加齢臭出だしたらゆうてな」といっつも言っていてまだ誰にも言われたことがないから。
それと、「加齢臭」は出すようになったら「加齢臭」自体を本人が感知できなくなるから。
俺はまだ加齢臭に反応するぞッ!自分からは出てないから反応するに違いないッ!







実は心配なのですが

スポンサーサイト

◆新聞の割り付け

.20 2009 雑文 comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
米谷印刷工業記事web/>

フリーの組版ソフトを発見したので、なんとなくやってみた。
改行とかめちゃくちゃw

◆おっさんみたいなことを書きます

.19 2009 雑文 comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
最近よくTVなどで、どこの大学の何者かわからん研究者風が「最近、日本語の乱れが目立つ」なんてゆうてるのをよくみる。あ、ごめん。うそ。よくは見ません。でもそういうの何回か見た聞いた。
それは「ちょべりば」「MK5」などといった低脳語、一過性の新語のことを指すのではなしに、言葉の使い方が本来と変わってきた、あるいは違う言葉に変化してきた、ってことを指すんだね。
ほなお前、例をあげんかい、と言われそうなんだけど、よりによって、えーっと、なんだったかなあ、みたいな~、そんな感じで思い出せないっす。無理!てか俺の物忘れパねえから。

とふざけてみたけど、言葉は生き物なので、時代によって変化していっても別に構わんのよね。例えばさ、「全然」ってあるでしょ。あれってもともと、「全然~~ない」という否定する文章の枕だったでしょ。でも今や「全然OK」「全然大丈夫」とか聞いてもなーんにも違和感ありませぬ。口語では結構昔から使われてたけど、文章中にあっても違和感なし。
他、もうちょっとレベルあげると、「好きではない」が「好きくない」とか。「違うことない?」を「ちげーくなくなくない?」とか。
あと、ひそかに上に書いたけど、「半端なくすごい」が「ハンパない」、んで「パねえ」。

「あいつってまじパねぇからマジ。ちょー凄くなくなくない?」

なんて。

あーどーでもいい日記だなあ。
あ、豆だけど「新しい」も実は本来の言葉が変化したものなんだって(誰でも知ってるか・・・)。要は「あらた」の形容詞として「あらたしい」が元々の言葉なんだってさ。

ぷっぷくぷー。

◆もしもし……

.18 2009 雑文 comment(1) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加


あなたきもちわるいですね。

◆国産大衆車に限るよね

.18 2009 雑文 comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
こないだ待ち合わせの時間よりだいぶ早く到着したので、なにげなくなんばウォークの喫茶店に入ろうとした。
入ろうとして店名が見えてなんというか、うわどないしよと思った。

喫茶「カローラ」


「庶民的でいいじゃないかー」「カローラっておい」「そもそも時間つぶしやろ」「庶民的でいいじゃないかー」「カローラに入店する僕…」「なんでカローラやねん」「お、コーヒーフロートええやん」

などと頭の中をさまざまな思いが駆け巡った。

しばらくして考えがまとまった。




もし喫茶「レクサス」なんて名前だと恐ろしくて入れない。すなわち「カローラ」OK。いけてるじゃん。


んでコーヒーフロート頼みました。450円。
 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。