スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆タダほど怖いものはない?

.23 2010 web comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
インターネットでタダで手に入れた。などという話を聞くことがある。
なんのことだと聞くと、P2Pというシステムを使って他人のパソコンに入ってる音楽やエロ動画を相互にダウンロードできるのだ、と答える。
Winnyとかshareとかそういうやつのことである。あれはアップロードも勝手に行われるので(それを回避する設定ももちろんある)法の問題と照らすといかがなものかと思う。

ファイル共有はユーザー同士でファイルのデータをタダでやり取りするというものがほとんどであるが、そうではなく、Webサービスが無料ということがある。ということがある、というよりほとんどがタダ。タダなんですよ。
安物買いの銭うしない、なんて言うが、インターネットではおもしろくて便利ないろんなサービスが無料で提供されている。
もはや説明などいらないが、無料で人気のあるものと言えば、mixi、GREE、twitter、skype、各種ブログ、2ちゃんねる、など。

これらのほとんどは企業が運営している。つまり資本があって、事業で利益を得て株主への配当や従業員への給料を支払わなければならない。
ではどうやって利潤を生み出しているか。
大きく分けて二つの方法があると聞く。

1.広告収入:言うまでもないが上であげたサービスのサイトを見ればバナー等のさまざまな広告があちこちにあることが分かる。
2.有料会員用コンテンツ、有料版の提供:mixiは有料でプレミアム会員になれ、日記の機能の拡張、コミュニティ機能の拡張などが使えるようになる。GREEは、これ、問題になったけど、無料ゲームと謳っておきながらゲームがすすむとゲームに有利なアイテムを得るのに課金される。PCのオンラインゲームでもアイテム課金制は普通らしい。そして、SkypeやEvernoteなどがそうであるが、あくまでサービスは無料にして、さらに便利な機能は有料会員だけが使える、という方法。SkypeだとサービスはPC間の無料通話であるが、有料会員はskypeから低料金で普通電話にもかけられるようになる。
「無料で話し放題」ということで一気に広まったSkypeでいきなり有料でこんなオプションありますよ、と言われてお金払ってそれ利用する人いるんかな・・・・・・、と思ったが、やはり有料会員は数パーセントに過ぎないという。
しかしこれは数字のマジックであって、数パーセントといっても登録アカウントがなんと4億人にせまる。その数パーセントが有料会員、ということは・・・・・・。
Evernoteも同じように有償版を提供し、他にEvernoteグッズを多数販売している(売れてるのだろうか)。


と、誰もがわかっている話を長々と書いたが、無料で使えるけどどうなってんの?と最近特に思うことがある。
それはtwitterのクライアント。
スマートフォンなどで有料のクライアントアプリなどもあるが、PCでもスマフォでもほとんどが無料だ。

以下にtwitterのクライアントについて思ったことを羅列。


・広告出るやつほとんどないねえ
・有料版があるやつ少ない
・サーバー維持やメンテナンスに金かかってるのにどうしてるんだ?
・個人ならともかく企業がやってる場合、利益のでない事業なんてやっていいのか?


くらいかな。


予想される答えとしては、

@企業
・企業の1事業部がやっていて、それを企業のブランディングに活用したり営業ネタにしている
・自社のシステムのベンチマークとしている
あんま思い浮かばん・・・・・・

@個人
・ただの趣味的なもの
・ブログラミングの練習を兼ねている

なんかどれもはっきりしないなあ。ツイッタークライアントって開発が大変って聞いたことあるけど、それを個人で作って配布してるのってすごいなと思う。

比較していいものか分からないけど、2ちゃんねるの専用ブラウザも僕の知っている限り、全部無料で配布されている。あれは多分2ちゃんねるのヘビーユーザーでプログラムに強い有志が「俺たちのために」開発してるんだと思う。

twitterのクライアントはそういうモチベーションで開発してるはずもなしw
うーん謎。誰か教えてください!








スポンサーサイト

◆ヤフーチャット アカウント取得から部屋の作成まで

.23 2010 web comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
まずYahoo!JapanのIDを取得します。

あ

各項目を埋めていきます。

い

取得できたらYahoo TOPに戻って「ヤフーメッセンジャー」で検索

う

そうすると下のような画面に飛びますので、Win Mac 自分のPCにあわせてダウンロード

え

そうするとインストーラのアイコンが落ちますのでクリック。

お

インストーラが起動。「次へ」「次へ」で進みます。

か

インストールが完了するとメッセンジャーウインドが出てくるのでID、PASSを入れ、ログイン。


く

ログイン後のウインドはこんな感じ。チャットルームへ行くには「チャットボタン」を。

け

そうすると下のようなチャットルーム一覧ウインドが出てきます。カテゴリ別にいろんな部屋があります。
入室するにはその部屋の名前をダブルクリックか、シングルクリックで反転させて「入室」ボタン。

こ

チャットサーバーへの接続のため少し待ちます。

さ

入室したらこのようになります。ちなみに右に黄色い顔のマークがあるのはこの部屋の現在の参加者。
さらに�のように箱をかぶったようになっている人はウェブカメラで自分を映している人で(イヤホン、マイクもあり)、�のようにヘッドフォンをかぶったような人は、ヘッドセット、あるいはイヤホンとマイクをつけていてボイスで喋ったり、人のボイスを聞くことができる人です。�のようになんにもついていない人はボイスはできませんし、音も聞こえません。Winは一応全OSボイス対応ですがMacはボイス、イヤホンに対応していません。つまり文字だけのチャットとして参加します。

し

次に自分でチャットルームを作る方法。上ででてきた、チャットルーム一覧のウインドに「ルームの作成」というのがあります。ここをクリックして部屋作成をします。ちなみに作った部屋は右上のタブ「ユーザールーム」の中にできます。


す

青線でかこったところで部屋名や設定を決めます。招待した仲間だけしか入れないようにするには「セキュア」を選択。決まったら「ルーム作成」をクリック。

せ

これで部屋ができました。最初なかなか誰もこないので思わず他の部屋に移動してしまいそうになりますが、在室人数がゼロになると部屋そのものがなくなるので注意を。

そ


※ヤフーがつくったものではないのですが、「話す」ボタンにマイクからの音声を送らないで、PCで鳴らしている音楽をステレオミキサーで流すフリーのツールがあります。「音楽部屋」として地道にやっている人もいます。

※ちなみに僕は最近ヤフーチャットはやっていませんww

◆こうしてみると大勢が集まれるのはいいけど、ボイスは一人だし、スカイプのほうがいいような気もします。

※ヤフーチャットには他にDMのようにメインチャットでなく個人相手にメッセージを送れるPM機能やPMの際、通話ができるPM通話など、ほかにもいろいろな機能があります。




◆google chrome さん 頑張って!

.27 2010 web comment(0) trackback(0)


Check
このエントリーをはてなブックマークに追加
自分はもともとパソコンやインターネットなどに疎い部類の人間であって、実際パソコンを生まれて初めて買ったのが約5年前。
ようやくパソコンやインターネットをそれなりに活用できるようになったと思ったら、5年前のパソコンが現行のものと比してあまりにスペック等がへろへろであることを知り愕然としている今日この頃。
かといってすぐに買い替えるほど裕福な、例えばアラブの石油王のような立場に自分はないわけで、しゃーないからこの5年ものの愛機をつこてるんです。
で、1カ月ほど前かなあ、それまでwebブラウザはFirefoxを使ってたんだけど、アドオンがおもろいのでガンガン入れてたらブードゥの呪術で呪われたかのように激重になって、ああ、夢が壊れました。
まあアドオンを整理して、あんまり必要のないものはアンインストールすればいいんだろうけど、この際やっちゃいますかー、といきおいでブラウザをgoogle chrome に替えた。
最初、早さに驚いたなあー。スッ、スッ、スッって感じでサイト移動するからおおこれはええな、と。
んで、一番興味があったのがエクステンション。拡張機能。って火狐やIEではアドオンって呼んでるんだから統一すりゃええのに、とどーでもいいボヤキをはきつつ、検索してみた。
これが楽しかった。
まあ火狐のアドオンで「自分好みに成長するブラウザ」の楽しさはすでに体験していたけどchromeはchromeでまたなんか拡張の種類も違ったりして楽しかったのだ。
そのおかげでwebというものがこれまでよりいっそう楽しいものになったのです。

話は前後するんだけど、google chrome には、他のブラウザのようにツールバーがない。もともとないし、ダウンロードしても設置できない。だから初期状態のときの外観がなんかみなれないブラウザって感じだった。
けど、使ってみると意外とツールバーがなくても不自由を感じない。なんでやろ。
まあいいや。そんでブックマークはいわゆるお気に入りとして登録できるんだけど、アクティビティを上げるためか、ブックマークバーに登録したサイトのボタンを設置することができる。
便利だなあと思ってどんどんブックマークバーに追加してたらボタンの設置場所が足りなくなった。どーしよと思ったんだけど、これは同系列のものをフォルダにつっこむことでシンプルに整理することができた。
各フォルダをクリックすると中身が開いて、んで目的のブックマークを選ぶという寸法。
下は今僕が設置しているブックマークバーの様子。

ブックマークバー

んでエクステンションは、常時アクティブじゃないものは右上にボタンが表示される。
こんな感じ。
拡張ボタン

常時アクティブ、あるいはサイトによってアクティブになるものは上の画像のスパナのマークをクリックして「拡張機能」というのを選択すると、入れてるエクステンションの詳細が出てくる。
拡張機能詳細
拡張機能詳細2

こんな感じで、いえーい、どんどんchromeが進化するぜー。エクステンション最高。ぱねぇ。とか言って喜んでたら、火狐のときと同様、入れすぎでどんどん重くなってしまっている今日このごろ。

「サイト開くのにどんだけ待たせるねん!」という状態に陥っています。
ああ、「学習する」ってことができないのな、俺は……。

エクステンション減らします。えーーん。




 HOME 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。